杉本幸佑(すぎもとこうすけ)の出身地や経歴は?【北京オリンピック】

杉本幸佑

2022年冬のオリンピックがまもなく開催されますね!

現地での一般客へのチケット販売は見送りになってしまったようですが、テレビでは放送されるので、冬季オリンピック楽しみです!

北京オリンピックの日本代表内定も続々と決定してきました。

今回は、モーグル男子日本代表に内定した、杉本幸佑(すぎもとこうすけ)選手について紹介していきたいと思います。

目次

杉本幸佑(すぎもとこうすけ)の出身地はどこ?(男子モーグル)

スポンサーリンク

杉本幸佑選手の出身地は、静岡県袋井市出身。静岡県は温暖な土地で、雪が降る地域は限られ、ほぼスキー場はない土地。

杉本幸佑選手がモーグルへ打ち込むために、杉本幸佑選手が中学の時に家族で長野県大町市に移り住んだそう!

静岡県に住んでいたときから、両親の影響で冬には毎週のように山梨のファミリー向けのスキー場に言っては、そりで遊んでいた杉本幸佑選手。

両親のすべる姿を見て、「自分もやりたい」というようになって、小学校2年生のときにはプラスチック製のスキー板をかってもらってスキーを初めていたようです。

小さい頃から、コブのある斜面が好きだったようで、その延長でモーグルというスポーツがあることを知り、モーグルを始めたようです。

小さいころにはスキー以外のスポーツとして、水泳、野球、空手、体操など、様々なジャンルの競技を経験しており、運動神経の下地を作っていったようです。

杉本幸佑(すぎもとこうすけ)のプロフィール

  • 生年月日:1994年12月2日
  • 身長:174cm
  • 体重:71kg
  • 所属:デイリーはやしや
  • 最終学歴:松本大学

これまでの主な戦績

2013 年 3 月 世界 Jr.選手権 シングルモーグル 決勝 10 位
2013 年 3 月 世界 Jr.選手権 デュアルモーグル 決勝 15 位
2014 年 3 月 世界 Jr.選手権 シングルモーグル 決勝 18 位
2014 年 3 月 世界 Jr.選手権 デュアルモーグル 決勝 16 位
2015 年 1 月 ノースアメリカンカップ デュアルモーグル 決勝 2 位
2017 年 2 月 冬季アジア札幌大会 モーグル 7 位
2017 年 2 月 冬季アジア札幌大会 デュアルモーグル 8 位

2021年W杯ディアバレー大会デュアルモーグル4位
2021年世界選手権代表
2021-22年W杯パークシティー大会モーグル3位

杉本幸佑(すぎもとこうすけ)の経歴について

スポンサーリンク

杉本幸佑さんはモーグル競技に集中するために中学で長野県大町市に引越ししました。

中学時代からB級公認大会に出場し始め、高2のとき新潟の大会でA級大会で初優勝

その大会で使ったコークスクリュー720の感覚が、今までにない感覚で飛躍した大会になったそう。

コークスクリュー720とは

フリースタイルスキーのモーグルにおけるエア技のひとつ。身体を斜めに傾けた状態で横に720度回転する技。ビンのコルクを抜く動きに似ていることから、コークスクリューと呼ばれている。コークスクリュー720は難易度が高く、モーグルのエア技の中でも最難易度といわれるオフアクシス系に含まれ、成功すると4点が与えられる。ちなみに、オフアクシス系とは回転軸をずらして回転するスピン技のこと。3Dとも呼ばれる。

全日本メンバーに選出

高校になると全日本のメンバーにも選出されるようになりますが、そこで海外の大会を経験することで、自分と海外とのレベルの差を痛感。

そんな杉本幸佑選手でしたが、他のモーグル選手と比べ、中1から競技を始めた遅咲きの選手。

練習量だけは誰にも負けないという思いから、高校時代遊ぶ時間も練習に費やす、努力家。

競技を始めたのが遅かったのが自分で遅いことが分かっていて、その差を埋めるのは練習しかないと考えていたようです。

松本大学へ進学

大学では関東の名門校への進学も考えたそうですが、両親やスキー部の顧問とも相談し、松本大学の人間健康学部スポーツ健康学科へ進学

「雪のないところへ行っても意味がない」

という自身の考えもあり、松本大学への進学を決めたようです。

大学へは片道30分をロードバイクを使って通学していたようです。

競技では、オフシーズンになってもそれほどリフレッシュ期間はあまりとらず、トレーニングを開始している。

中学のころに父親に言われた

努力を続けた人が天才

という言葉に支えられ、ストイックに努力を続けて来たようです。

「デイリーはやしや」に所属

大学を卒業した、2017年には長野県松本市に本社を置く、デイリーはやしやへ就職をしています。

デイリーはやしやがモーグルのトップアスリートである、杉本幸佑選手を獲得したのが、この会社ではトップアスリートを雇用することが初めてのことだったようです。

大学や、日本オリンピック委員会が推進する「アスナビ」の支援により、地元の強化指定選手として世界の舞台で戦う、杉本幸佑選手を支えることになったようです。

杉本幸佑(すぎもとこうすけ)についてまとめ

北京オリンピックでモーグル男子の代表に選ばれた、杉本幸佑選手について紹介してきました。

杉本幸佑選手についてまとめていきたいと思います。

  • 静岡県袋井市出身
  • 中学で長野県大町市へ家族で引越し
  • 高校2年で全日本メンバーに選ばれ、海外を経験
  • 大学は、松本大学へ進学
  • 大学卒業後は「デイリーはやしや」へアスリートとして就職

今回の北京オリンピックが杉本幸佑選手は初のオリンピック出場となります。

オリンピックでの活躍を期待したいですね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる