【Netflix】浅草キッドでたけし役の特殊メイクを演じているのは誰? 

浅草キッド

2021年12月9日(木)よりNetflix限定で「浅草キッド」が配信されていますね!

年末年始の休暇中にNetflixを見てゆっくりされた方も多いのではないでしょうか?

監督は、ビートたけしファンを公言している劇団ひとり。

この浅草キッドを見たんですが、ビートたけしの芸人の駆け出し時代からスターにまで上り詰めていく、青春ドラマとなっていました。

ビートたけしの師匠である、深見千三郎との関係を笑いあり、涙ありのストーリーとなっていて、感動するしとても面白かったです。

若い頃のビートたけし役を柳楽優弥さんが演じているのですが、ビートたけしの特徴をうまく掴んでいて、本当に若いころのビートたけしのようでした。

そして、ところどころに現在のビートたけしが出てくるのですが、最初は本人が出ているのでは?と思うほど今のビートたけしにそっくりでした。

そのクオリティの高さにも驚いたのですが、誰が演じているのだろう?と気になりましたので、今回の記事では、現代のビートたけしを演じているのは誰?というテーマで紹介していきたいと思います。

目次

ビートたけし役の特殊メイクを演じているのは誰?

スポンサーリンク

現代のビートたけし役を演じていたのは、若いころのビートたけしを演じていた柳楽優弥さんが演じていたようです。

特殊メイクのクオリティが高く、ぱっと見では本物と間違うくらいのクオリティ。

ビートたけしの癖もそのままで、本当にクオリティの高さにびっくりしました。

ビートたけし専門のものまねをしている芸人さんがいるのかなと思ったくらいです。

ビートたけしの役作りはどうやったのか?

本当にビートたけしそっくりの役を演じていた柳楽優弥さんですが、役作りはどうやって行っていたのでしょう?

実は、ビートたけしのものまねでも有名な、松村邦洋さんが柳楽優弥さんとマンツーマンで演技指導をして役作りを行ったようです。

ビートたけしさんの特徴である、チック症の癖ももちろん似ていましたが、あるき方や後ろ姿なんかもそっくりでしたよね!

現代のビートたけし役は本人が演じてもいいのではないかなと思うのですが、この映画を作るにあたって、劇団ひとりには「好きなように作ってくれていいから」と言ってくれたそうです。

ビートたけし愛の強い劇団ひとりが監督をしているので、信頼して任せてくれたのかもしれませんね。

ビートたけしの特殊メイクに関するみんなの評判は?

オープニングのビートたけし役の声は誰がやってる?

現代のビートたけしを演じているのは柳楽優弥さんでしたが、この作品を見ると声もそっくりでした。

それだから余計に本物のビートたけしが演じているのかな?と一瞬思ってしまったのですが。

声は流石に柳楽優弥さんの声ではなく、吹き替えで松村邦洋さんがやっているようです。

言われなければ本人と間違うクオリティで素晴らしかったです。

Netflix「浅草キッド」のキャストは?

スポンサーリンク

このNetflix版「浅草キッド」はNetflixオリジナルコンテンツということもあり、豪華なキャストが名前を連ねていました。

ビートたけしの師匠である、深見千三郎役を大泉洋さん。その奥さん役に鈴木保奈美さん。

フランス座で将来歌手になることを夢見る踊り子に、門脇麦さん。

ツービートでコンビを組む、ビートきよしに、ナイツの土屋伸之

などなど、現在も第一線で活躍する俳優、芸人さんたちが出ていて脇役を演じている方たちの見ごたえも十分でした。

深見千三郎さんが晩年に就職する町工場の同僚役として、Creepy Nutsの二人も登場しています!

なんで!?と思って思わずニヤけてしまいました。

Netflix「浅草キッド」についてまとめ

Netflix版「浅草キッド」面白くて見てよかったと思える作品でした。

ビートたけしの現代の役を演じているのは、

柳楽優弥さん(若い頃と現代の特殊メイクのたけし)

声は、

松村邦洋さん

浅草キッドを見て深見千三郎さんという方が人情が厚く、下町の芸人という感じですごい魅力的でしたね。

ビートたけしの「バカヤロー、コノヤロー」とかの口癖も、師匠である、深見千三郎さんそっくりのようで、当時の浅草の芸人さんたちから憧れられる存在だったそうです。

笑って泣ける、スターになるまでのビートたけしを見られる面白い作品だったので、是非見てみてくださいね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる