【沖縄興南】生盛亜勇太(せいもりあゆた)のプロフや出身中学はどこ?

生盛亜勇太

2022年夏の甲子園予選大会を勝ち抜き、甲子園出場を決めた興南高校。

そのエースで注目されているのが興南高校の【生盛亜勇太】(せいもりあゆた)選手です。

その実力はプロのスカウトも注目しているんですね。

今回はそんあ【生盛】さんのプロフィールや出身中学について紹介します。

興味のある方は是非最後までご覧ください。

目次

生盛亜勇太(せいもりあゆた)のプロフィール

スポンサーリンク

まずは【生盛】さんのプロフィールから見ていきます。

本名は【生盛亜勇太】(せいもりあゆた)さん。

生年月日は非公開ですが2004年生まれで今年18歳になります。

そして出身地は名前から推測できるように沖縄県の出身。

右投げ左打ちでストレートは最速147㎞を計測しているんですよ。

一昔前までは140㎞を越えれば剛速球投手だったのですが、現在では150㎞近く出るのが当たり前になってきました。

もちろん【生盛】選手は興南高校ではエースピッチャーを務めております。

県大会準決勝では12回149球をなげきり、147㎞の剛速球とキレのあるスライダーで見事甲子園出場一番のりと

なりました。

プロも注目している【生盛】さんの熱い夏はこれからが本番ですね。

生盛亜勇太(せいもりあゆた)の出身中学は?

そんな【生盛】さんの中学時代はどのような選手だったのでしょうか?

【生盛】さんは那覇市立城北中学校に通われていました。

普通は小学生の頃からクラムチームで野球に触れている人が殆どの中、なんと【生盛】さんは中学に入ってはじめて軟式野球部に入部するのです。

つまり野球は中学デビューなんですよ。

城北中学は県内でも有名な野球の強豪校。

そこで中学3年生の時にはショートでレギュラーのポジションを獲得してるんです。

更に【沖縄県中学校野球選手権大会】ではピッチャーとしても活躍しており、この頃から類稀な才能をお持ちだったんですよ。

さらに驚くのは【沖縄県夏季中学校陸上競技大会】の100m走にも出場しているんです。

恐らく助っ人として参加されたんだとはおもいますが・・・。

野球だけではなく、普通の運動神経もずば抜けているようです。

生盛亜勇太(せいもりあゆた)のこれまでの経歴

スポンサーリンク

中学生時代からずば抜けた才能をもっていた【生盛】さん。

中学卒業後は名門興南高校の野球部に入部します。

ピッチャーとしてはもちろん打者としても類稀な才能をもつ【生盛】さん。

投打に大活躍するのでした。

しかし大会では中々勝ちきれず県大会でも準々決勝や準決勝で敗退することが多かったのです。

もともと甲子園の常連高校であった興南高校。

【生盛】さんが入部してからは県大会を突破出来ない状況が続いていたのです。

しかし2022年の夏の甲子園大会県予選では違いました。

【生盛】さんは決勝戦では先発ではなく、抑えのピッチャーにまわり自慢の剛速球で見事勝利するのです。

そしてようやく念願の甲子園出場を手にすることになりました。

中学から野球を始めた選手が努力でつかみとった甲子園への切符。

この活躍により【生盛】さんはプロからも注目されるようになるのです。

今後プロの道に進まれるかは不明ですが、プロで活躍される日も近いのではないでしょうか。

まとめ

今回は夏の甲子園出場を果たした興南高校のエースである【生盛亜勇太】(せいもりあゆた)選手についてみていきました。。

野球を始めたのが中学に入ってからと言う経歴の持ち主。

天性の才能と絶え間ない努力によりプロも注目する選手へと成長されました。

本人は進路に関して言及されていませんが、是非プロの世界で活躍してほしいですね。

これからの【生盛】さんの活躍に期待しつつ、応援していきしょう。

最後までご覧いただきありがとうございます。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる