大野稼頭央の両親や兄弟、家族構成は?これまでの経歴やプロフィールも!

大野稼頭央

鹿児島県大島高校の【大野稼頭央】投手。

2022年の選抜甲子園に出場した経歴があり、1年生の秋からエースとして活躍している注目選手なんですよ。

最速146キロのストレートが武器で、当然プロのスカウトからも有力選手として見られています。

今回はそんな【大野】投手の家族やこれまでの経歴、プロフィールについて紹介していきます!

興味のある方は是非最後までご覧ください。

目次

大野稼頭央の家族構成は?

スポンサーリンク

【大野】さんの家族構成ですが、両親の他に弟さんが2人いると言われています。

なので5人家族のようですね。

父親の【祐基】さんはなんと息子と同じ大島高校の出身なんですよ。

そして部活も同じ野球部。

お父さんは【大野】さんの大先輩なんですよね。

現在お父さんの職業等は不明ですが、奄美大島で何らかしらの仕事をされているようです。

弟も野球をしている

【大野】さんの弟さんは2人いるといわれています。

共に中学生らしく兄と同じく野球をやっているようなんですね。

それに2人ともかなりのイケメンだとか。

残念ながら写真などは見つかりませんでした。

これから【大野】さんが発信してくれることを願うばかりですね。

大野稼頭央のこれまでの経歴について

【大野】さんのこれまでの経歴は?

【大野】さんの才能は中学時代からズバ抜けていました。

中学3年生の時には【龍郷選抜チーム】の一員として【全国離島交流中学生野球大会】に出場しています。

そこで【大野】さんは優勝投手になっているんですよね。

もちろん大島高校に進学してからもその実力はピカイチ。

高校2年春の時には鹿児島県大会で全6試合中5試合に登板。

そこで50奪三振の活躍をみせるんですね。

残念ながらチームはベスト4で敗戦となり甲子園に行く事はできませんでしたが、一躍プロのスカウトから注目される事になるのです。

その次の夏の大会はコロナの影響もあり、練習試合などが中止になったこともあり大会はベスト8で敗戦しました。

しかし秋の鹿児島県大会ではよやく悲願の初優勝を手にするのです。

これらの経歴からわかるように【大野】さんは間違いなく、野球界の至宝となる名選手なんですね。

大野稼頭央のプロフィール

スポンサーリンク

最後に【大野】さんのプロフィールを紹介します。

本名は【大野稼頭央】(おおのかずお)さん。

生年月日は2004年8月6日生まれの17歳

出身は鹿児島県奄美大島で離島出身になるんですね。

身長は174cmで体重は63㎏でポジションはピッチャーになります。

ストレートは最大146㎞でその他にもカーブ・スライダー・ツーシームといった変化球も武器の選手なんですよ。

躍動感あるピッチングフォームとサウスポーな点もプロから大きな注目を集めています。

大野稼頭央の名前の由来

【大野】さんの名前である稼頭央。

聞いた事がある人も多いかと思います。

そうなんです、西武ライオンズでプレイし、メジャーリーガーとして活躍した【松井稼頭央】さんと同じ名前なんですよ。

これはお父さんが大の【松井稼頭央】選手のファンだったんですよね。

その為に息子にも同じ名前をつけたんです。

お父さんのプロ野球選手になって欲しいといった願いもこめられているのかもしれません。

このまま【大野】さんがプロ野球選手になられると、なんかドラマチックな感じがしますね。

まとめ

今回は鹿児島県大島高校の【大野稼頭央】投手について見ていきました。

意外とプロ野球選手を輩出している奄美大島。

【大野】さんも先輩にならって、プロ野球の舞台で活躍されるのでしょうか?

本人は進路に関して言及されていませんが、是非プロ野球の世界を選んで欲しいですね。

【大野】さんのこれからの活躍に期待して応援していきましょう。

最後までご覧いただきありがとうございます。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる