MENU

森下瑠大(もりしたりゅうだい)投手は韓国人と日本人どっち?スカウト注目左腕

2021 10/16
森下瑠大(もりしたりゅうだい)投手は韓国人と日本人どっち?スカウト注目左腕

今年の甲子園で快進撃を続けている京都国際高校。

その中でチームの中心選手として活躍する、森下瑠大(もりしたりゅうだい)投手。

森下瑠大選手は現在、2年生ながらもチームの中心選手として活躍しています。

ピッチャーとしてはプロのスカウトも注目する左ピッチャーです。

バッターとしても4番打者を任されることもあり、二刀流選手としても活躍しています。

ピッチャーをやっていない時には外野を守ることもあります。

今回の記事では、京都国際高校の森下瑠大選手について紹介していきますね!

目次

森下瑠投手は韓国人?それとも日本人?

スポンサーリンク

京都国際高校はもともと在日韓国人が通う、京都韓国学園という韓国系の学校であったため校歌は韓国語になっていて、森下瑠大選手も韓国人では?と話題になっています。

京都韓国高校の前身である京都韓国学園は在日韓国人が通う民族学校でしたが、2004年に京都国際高校として、京都府知事の認可を取りいわゆる普通の高校として再スタートしています。

日本でも韓国でも高校として認められている珍しい高校のようですね。

そんな経緯もあり、在日韓国人の方が多く通う高校なので、森下瑠大選手も韓国人なの?それとも日本人なの?と疑問に持っている人が多くいるようです。

もともとは在日韓国人の方の学校だったのですが、今では日本人の生徒もたくさん通っているようです。

2021年3月現在の京都国際高校の野球部は40人いるのですが、国籍は全員日本となっているようです。

もしかすると韓国籍から日本国籍に帰化した方もいるかもしれませんが、森下瑠大選手は日本人ということになりますね。

まぁ、森下瑠大選手が日本人でも韓国人でもどちらでも、こうして高校野球を盛り上げてくれているので、問題ないですね。

ちなみに、京都国際高校からはプロ野球選手も多く輩出しています。

現在広島で活躍している、曽根海成選手、日本ハムの上野響平選手、オリックスの釣寿生選手、早真之介選手などがいます。

森下瑠大投手の中学時代は?

森下瑠大選手は3歳から野球を始め、小学1年生から昭和GUTSというチームに入団しています。

小学生時代からエースで4番として活躍していたようです。

そして、中学に進学すると福知山市立南陵中学校に進学しますが、野球は福知山ボーイズという公式野球のクラブチームで野球を続けています。

福知山ボーイズは1988年に創部され、京都福知山市を中心に活動するチームです。

30年以上続く地元の野球チームになるんですね!

その中で森下瑠大選手は中学3年生の時にチームを全国大会に導いていて、自身はさらに京都選抜や関西選抜にも選ばれています。

その他の選手も京都選抜に選ばれており、この福知山ボーイズの野球のレベルの高さが分かります。

森下瑠璃投手の高校での成績は?

スポンサーリンク

中学を卒業すると、京都国際高校に進学し野球部に入部しました。

高校に入ると、1年生の秋からベンチ入りすしエースナンバーを与えられています

1年秋の公式戦では投打でチームの中心となり、京都府大会3位、近畿大会ベスト4入。

高校初の選抜甲子園出場に貢献しました。

選抜甲子園では2試合に4番ピッチャーでスタメン出場して活躍しました。

2回戦の東海大菅生高校戦では9回裏に3店を奪われサヨナラ負けという悔しい思いをしています。

その悔しさをバネに2021年夏の大会でも見事甲子園出場を決めています!

森下瑠大選手としたら、春の悔しさを晴らすために大きな舞台に戻ってこられた感じですね。

チームとしても夏の甲子園大会出場は初になるので、まさに京都国際の歴史を作っているチームです。

メジャースカウトも注目

日本のスカウトからも注目を集めていますが、メジャーのスカウトからもその技術、能力を買われています。

MLBロイヤルズ・大屋博行国際スカウト

「いわゆるクロスファイヤーが武器。高い腕の位置から垂直に近い角度で投げ下ろすのだが、その腕の位置がぶれず、上体のすべて、胸から手のひらまでが打者の方を向いている。その縦軌道で直球だけでなくカーブ、スライダー、カットボール、チェンジアップなど投げたいところへ投げられるのは、体幹が強い証し。いわゆる『勝てる投手』と言える」

2年生ながらプロからの注目を集めていて、このまま順調に行けばプロに行くこと間違いなしですね。

森下瑠大投手についてまとめ

森下瑠大選手について紹介してきました。

京都国際高校がもともと在日韓国人が通う民族学校ということもあり、森下瑠大は韓国人?ということに疑問を持つ人もいたようですが、日本人です。

中学から硬式野球のチーム、福知山ボーイズで活躍し、全国大会や、京都の選抜に選ばれるようなその時から注目される選手だったようですね。

甲子園では初出場でありながら現在ベスト4まで勝ち進んでおり、快進撃が続いています!

京都国際の歴史を塗り替え続けている森下瑠大選手。

準決勝で敗退してしまいましたが、来年の春、夏とまた甲子園の舞台で活躍してくれることを期待しています!

この記事を書いた人

コメント

コメントする

目次
閉じる