前田悠伍投手(大阪桐蔭)の出身中学やプロフィール、経歴は?

前田悠伍

春の選抜に続いて夏の甲子園への出場を決めた大阪桐蔭。

甲子園に何回も出場する名門校ですね!

その大阪桐蔭の2年生でドラフトスカウトからも注目されているのが、【前田悠伍】(まえだゆうご)投手。

今回はそんな【前田】投手について紹介していきます。

興味のある方は是非最後までご覧ください。

目次

前田悠伍(まえだゆうご)のプロフィール

スポンサーリンク

まずは【前田】選手のプロフィールからみていきます。

本名は【前田悠悟】(まえだゆうご)さん。

生年月日は2005年8月4日生まれで現在16歳

まだ高校2年生なんですよ。

出身地は滋賀県で身長179cm体重75kgと大きな体格をしているんです。

ポジションはピッチャーでその剛速球は145キロを誇り高い奪三振能力をもっているんですね。

実際に春の選抜では防御率0.78と世代最強のサウスポーと言われています。

更に打者としても打率348と抜群の打撃センスを兼ね備えてるんですよ。

そんな【前田】選手の夢はもちろんプロ野球選手。

大の巨人ファンで現在は球界を代表するピッチャー【今永昇太】選手を尊敬しているんですね。

まだ高校2年生ですが既にプロのスカウトからは高い評価を得ているので、このままプロに進まれる可能性が高いと思われます。

前田悠伍(まえだゆうご)の出身中学は

そんな【前田】選手の出身中学はどこでしょうか?

中学は地元滋賀県の長浜市立高月中学校を卒業されています。

もちろん野球に関しては【湖北ボーイズ】という野球チームで活動されていました。

もともと小学校の時から【高月野球スポーツ少年団】でプレイされており、その時にはオリックスジュニアにも選出されているんですよ。

当然中学に入っても注目の選手だった【前田】選手。

1年生の時には【カル・リプケン12歳以下世界少年野球】の日本代表にも選ばれているんです。

更にこの時には世界一も経験してるんですよね。

もはや凄いとしか言えませんね。

前田悠伍(まえだゆうご)のこれまでの経歴は?

スポンサーリンク

小学校・中学校と輝かしい実績を残された【前田】選手。

高校は甲子園の常連高校である大阪の【大阪桐蔭】に入学することに。

さすが甲子園で何回も優勝する強豪高校。

【前田】さんの実績でも最初はボールボーイとして2021年の夏の甲子園に参加するレベルでした。

しかし秋になるとエースピッチャーとして覚醒。

2021年秋季大会ではチーム最多11試合を投げ切り優勝

圧倒的な成績を残します。

更には神宮大会でも優勝し、全三試合に登板して17奪三振という成績を残しました。

痛烈な印象を全国に与えたんですね。

そして春のセンバツで花巻東の【佐々木麟太郎】・広陵の【真鍋慧】・九州国際大付属の【佐倉侠史郎】らと共に2年生ビッグ4と呼ばれることになりました。

その中でも【前田】選手は頭一つ抜けているんですよ。

甲子園でも驚くような快投を見せ、昨年の夏敗れた【近江高校】を見事封じ込め優勝をかざるんですね。

それどころか【前田】選手がエースピッチャーになってから【大阪桐蔭】は無敗なんです。

夏の甲子園出場も決定した【大阪桐蔭】。

今年の夏も【前田】選手の快投が甲子園を魅了する事でしょう。

まとめ

今回は夏の甲子園出場を決めた【大阪桐蔭】の【前田悠伍】(まえだゆうご)選手を見ていきました。

タレント揃いの現2年生選手の中でも頭一つ抜けている【前田】選手。

まだ2年生ですが早くも卒業後、プロの世界で活躍される事が話題になっていますね。

近年話題に上がる選手の中でも実力・注目度共に群をぬいている感じがあります。

まだ甲子園での活躍も期待されますが、是非プロ野球選手としてみんなに夢と希望を与える選手になってほしいですね。

これからの活躍に期待して、みんなで応援していきましょう。

最後までご覧いただきありがとうございます。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる