石川ケニーはハワイ出身のハーフ?父親母親どっちが外国人?

石川ケニー

明秀学園日立高校が2022年夏の甲子園への出場を手にしました。

チームをまとめるのは、主将であり投手でもある【石川ケニー】選手。

名前がケニーということでハーフかなと思う方が多いのではないでしょうか?

今回はそんな【石川】選手について紹介していきます。

興味のある方は是非最後までご覧ください。

目次

石川ケニーはハワイ出身?

スポンサーリンク

名前からわかるように【石川】選手はずばりハーフなんですよ。

そして生まれ育ったのはなんとハワイのオワフ島なんです。

そのために小学2年生までオワフ島で生活されていました。

その後日本の神奈川県横浜市に移住されたんですね。

野球もこのタイミングで始められ、今では二刀流でチームの甲子園出場に貢献されるまでに成長されました。

【石川】選手はプロのスカウトから注目されていますが、本人は進路について何も明言されていません。

なのでもしかすると、高校卒業後日本を離れて海外に出られる可能性もありますね。

石川ケニーの両親について

そもそもなぜ【石川】選手はハワイで生まれたのか?

それは父親である【則良】さんがハワイの野球チームに入っていたからなんですね。

元々東北福祉大学で野球をされていた【則良】さん。

卒業後はハワイで野球をされていたんです。

そこで母親のデニースさんと出会い結婚されることに。

そして三男として生まれたのが【石川】選手だったんですね。

家族もお兄さん2人に妹2人という大家族。

【石川】選手が野球をされているのはお父さんの影響が少なからずあったようです。

石川ケニーのこれまでの経歴について

スポンサーリンク

前述のとおり【石川】選手は日本に移住後、小学2年生の時に野球チーム【瀬谷リトル】に入団されます。

これが野球との出会いでした。

当初は父親とプロ野球選手を目指して毎日4時間以上の練習をされていたそうです。

その後【石川】選手は横浜市立原中学校に進学し、そのまま野球チームも【瀬谷リトルシニア】に入団しました。

ただ中学時代まではそんなに目立った成績は残していません。

しかし茨城県の明秀学園日立高校に進学されてからその素質が開花します。

まずはバッターとしてパンチ力のある左の強打者としてプロから注目をあびるのです。

そしてピッチャーとしても最速140㎞の速球とスライダーを始め4種類の変化球を武器に一気に頭角を現すように。

2年生の秋には一度肘を疲労骨折してしまいますが、この高校最後の夏に完全復活。

主将として明秀学園日立高校を見事夏の甲子園へと導きました。

今ではすっかりプロのスカウトからも目を付けられる存在になったようです。

石川ケニーのプロフィール

最後に【石川】選手のプロフィールを紹介しておきます。

本名は【石川ケニー】さん。

生年月日は2004年4月7日生まれで現在18歳の高校三年生になります。

身長は176cmで体重75kg。

ポジションは投手と外野ライトの二刀流をこなしているんですよ。

もともと運動神経や身体能力が高いようで、趣味も体を動かすことなんですね。

そして好きな球団は【福岡ソフトバンクホークス】で尊敬する選手は【森友哉】選手だそうです。

そんな【石川】選手の将来の夢は幸せな家庭を築くこと

プロのスカウトからは注目されていますが、プロ野球選手が夢とかではないんですね。

高校卒業後どのような進路に進まれるのか注目されます。

まとめ

スポンサーリンク

今回は明秀学園日立高校の二刀流選手【石川ケニー】選手について見ていきました。

ハワイオワフ島出身のハーフである【石川】選手。

主将としてチームをまとめ上げ見事甲子園の切符を手に入れられました。

今後どのような活躍をされるのか今から楽しみですね。

皆さんも一緒に【石川】選手を応援していきましょう。

最後までご覧いただきありがとうございます。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる