花田侑樹(はなだゆうき)の出身中学校は?野球の成績についても!

花田侑樹

2021年の夏の甲子園大会で広島新庄高等学校のエースで4番バッターを努めている花田侑樹選手!

第一回戦では強豪校である横浜高校に敗退してしまいましたが、広島新庄高等学校の顔でもある花田侑樹選手はプロからも注目される選手。

ピッチャー兼ファーストとして活躍しています。

高校2年夏までは怪我が多く、最初は同学年の秋山恭平投手の方が目立っていましたが、2年秋以降はエースの座を掴み練習試合を含め、負け無しの33連勝中という驚異の成績を残しました。

プロからも注目される花田侑樹選手ですが、広島新庄高等学校で注目する前、中学ではどんな選手だったのでしょうか?

花田侑樹選手の出身中学校や、野球の成績について紹介していきたいと思います。

目次

花田侑樹の出身中学は?

スポンサーリンク

花田侑樹選手は小学校1年生のときに軟式野球を始め、「千代田ファイターズ広島」に加入しています。

その時からピッチャーとファーストを守っていたようです。

小学校6年になると「広島カープジュニア」のセレクションを勝ち抜き、野球の才能は小さいころから注目される存在だったようですね!

広島カープジュニアでは元広島カープの前田智徳さんの次男、前田晃宏投手(現在慶應義塾大学)、や同じく広島カープの広瀬純さんの長男、広瀬蓮選手(現在常葉菊川)たちとともにNPB12球団ジュニアトーナメントに出場しました。

その花田侑樹選手の出身は、「北広島町立千代田中学校」という学校になります。

北広島町立千代田中学校について

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる