MENU

秋山正雲(二松学舎)は名前の読み方が珍しい左腕エース!実家はお寺なの?

2021 10/23
秋山正雲(二松学舎)は名前の読み方が珍しい左腕エース!実家はお寺なの?

二松学舎大付属の左腕エースの秋山正雲選手。

身長は171センチ、体重77キロと野球選手にしては小柄ですが、投げるボールはプロ級として注目を集めています。

先日の2021ドラフト会議では、千葉ロッテマリーンズが4位指名で交渉権を獲得し、プロ入りを果たしましたね!

そんな秋山正雲選手ですが、名前が珍しいと話題になっています!

名前も正雲という珍しい名前なので、実家がお寺なの?と疑問に思っている方も多くいるようですね。

今回の記事では秋山正雲選手の名前の読み方や、実家について調査しました!

目次

秋山正雲の名前の読み方は?

スポンサーリンク

秋山正雲選手の名前は、「あきやま せいうん」と読みます。

珍しい名前ですね!

名前の由来は、三国志好きのお父さんが、関羽雲長と趙雲子龍から取って名付けられた名前のようです。

「たくましくあれ」という思いを「雲」という文字に込められているようです。

正雲という珍しい名前には、お父さんの息子を思う気持ちが込められていたんですね!

秋山正雲の実家はお寺?

秋山正雲選手の実家は何をしているのでしょうか?

正雲(せいうん)という珍しい名前ということもあり、実家はお寺なの?という疑問を持つ方が多くいるようでした。

調査したところ、秋山正雲選手の実家がお寺という情報はありませんでした。

おそらく、三国志好きのお父さんの付けた名前が、お寺の子供に付けるような珍しい名前なので、実家がお寺だと勘違いする人が続出してしまったようです。

ちなみに、お坊さんの名前だと、「空」とか「海」、「山」など自然の文字を名前に使われていることも多く、ほとんどが感じ2文字のお名前が多いようです。

たしかに、お寺の跡継ぎとして付けられた名前かな?と思ってしまうのも無理はないですね!

秋山正雲のこれまでの経歴は?

スポンサーリンク

秋山正雲選手の出身は、千葉県流山市の東深井中学校です。

秋山正雲選手は中学校の野球部には所属せずに地元の「荒川リトルシニア」というクラブチームに所属していました。

中学2年生のときに、「リトルシニア全国選抜野球大会」に出場し2回戦まで出場しています。

中学のときにすでに全国大会に出場するような強豪チームだったんですね。

この「荒川リトルシニア」にはOBに二松学舎大付属のOBで広島カープで活躍する鈴木誠也選手もかつて在籍していた野球チームです。

鈴木誠也選手といえば、広島カープの主力選手として活躍もしていますが、全日本でも4番を任されるほどの球界を代表する選手ですね。

秋山正雲選手はそんなチームに中学時代に所属し、野球の実力を付けていったと考えられますね。

中学のころからプロを意識する環境で練習に励んでいたと考えられます。

秋山正雲(二松学舎)のお兄さんも元高校球児!

秋山正雲選手には3歳年上のお兄さんがいます。

名前は龍正(りゅうせい)さんといいます。

名前はやはり、三国志好きのお父さんから名付けられたのが分かります!

お兄さんの龍正さんは青森県の八戸学院光星高校の捕手として甲子園で活躍しました。

高校卒業後には栃木県の白鴎大学に進学し、大学でも野球を続けていて全日本選手権優勝を目標に汗を流しています。

1年時からレギュラーで活躍するほど野球の実力があるようです。

兄弟揃って野球の能力の高いことがわかります。

秋山正雲のプロフィール

  • 名前:秋山正雲(あきやませいうん)
  • 生年月日:2003年4月29日
  • 年齢:18歳
  • 身長:171cm
  • 体重:77キロ
  • 出身:千葉県流山市
  • 趣味:釣り

秋山正雲についてまとめ

スポンサーリンク

秋山正雲選手についてまとめていきたいと思います。

今回の調査で分かったことは、秋山正雲の「正雲」(せいうん)という珍しい名前は、三国志好きのお父さんから付けられた名前でした。

そのような珍しい名前なので、実家がお寺なの?という疑問がありましたが、お寺という情報は無く、名前から勝手に多くの人が勘違いしていたようです。

そして、お兄さんも元高校球児で甲子園を経験しており、現在は白鴎大学で野球を続けているようですね!

今年のドラフト4位で地元の千葉ロッテマリーンズから指名されプロ入りを果たすことになりました。

ロッテでも気合の入った投球で活躍している姿を近い将来みることが出来るかもしれませんね!

この記事を書いた人

コメント

コメントする

目次
閉じる