MENU

緑黄色社会(リョクシャカ)の「たとえたとえ」が使われているテレビのCMは何?

2021 10/18
緑黄色社会(リョクシャカ)の「たとえたとえ」が使われているテレビのCMは何?

テレビでCMを何気なく見ていると緑黄色社会の「たとえたとえ」が聞こえてきたような気が!

CMってしっかり見ているときはいいんですけど、流しながら見たりしているとあんまり記憶に残っていないときがありますよね!

「たとえたとえ」は2021年の甲子園(センバツ)で使われていたこともあり、記憶に新しい曲!

甲子園(センバツ)からそれほど時間が経っていない中で使われることがあるのかな?と思ってしまいます。

今回の記事では緑黄色社会の「たとえたとえ」が使われていたCMについて紹介していきますね!

目次

「たとえたとえ」が使われているCMは何?

スポンサーリンク

緑黄色社会の「たとえたとえ」が使われているCMはコチラ↓

ヤマダ電機、FUNAIの量子ドット(Qdt)TVのCMでした。

TVのCMということは分かるのですが、量子ドット(Qdt)って聞いたことが無かったです。

家電に詳しい方で知っているよというでしたら申し訳ないのですが、4K、8Kとかは良く聞くんですが、量子ドットって何だろう?っていう感じでした。

せっかくなので、このCMで紹介しているFUNAIの量子ドットTVについても調べてみましたよ!

FUNAI 量子ドット技術TVってなに?

FUNAIの商品ページを見てみると、量子技術TVの説明に、

豊富な色彩と自然に近い色合いを実現する「量子ドット技術」を採用した、プレミアムな液晶テレビです。

という説明がありました。

画像がキレイに見れるっていうことは分かるのですが、イマイチはっきりと分かりませんね、、、。

最近で良く聞くテレビの技術は、4K、8KなんかのCMも良く見ますし、家電量販店に行っても4K対応テレビだったり、8K対応のテレビなんかが置いてありますよね。

量子ドッド技術というのは、「効率的な色の変換」ということが言えるようです。

年々テレビは画像がキレイになっているので、それに伴って高輝度の「HDR」規格が出てきています。

「HDR」という規格は自然に近い明暗差を表現出来る規格ということ。

液晶テレビのバックライトに高輝度LEDが利用出来るようになったことも背景にあるようです。

それだけの明るさが必要になったことで、消費電力も使うようになったので効率的な色の変換が必要になっていったんですね。

そこで期待されているのか「量子ドッド技術」ということのようです。

技術の進歩はすごいですね!それで、4K、8Kなどの規格が生まれてきました。

テレビはより自然の明るさや色の再現、大型化に進んでいるようです!

これまで説明してきた「量子ドッド技術」TVは液晶テレビというカテゴリに分類されます。

有機ELテレビって何?

液晶テレビの他に有機ELテレビという言葉も聞いたことがあると思います。

有機ELと液晶テレビとは何が違うのでしょうか?

有機ELテレビは液晶テレビとは異なりバックライトが不要になります。

有機物に電圧がかかることで発光し、その減少を

「有機エレクトロ・ルミネッセンス(Electro Luminescence)=有機EL」

ということです。

テレビにバックライトのスペースが不要になるため今までのテレビよりも非常に薄く作ることが可能になりました。

これまでの常識を覆す技術が「有機EL」テレビということが言えますね!

テレビを薄くすることが出来る分、壁掛けなどにも適しています。

また、バックライトが不要なため「黒」の表現が優れているので映像にも深みが出ます。

デメリットとしては、

  • 価格が液晶テレビに比べ高い
  • 寿命が短い
  • 焼き付きが液晶テレビに比べ起こりやすい

などが挙げられます。

同じテレビでも、「液晶テレビ」「有機ELテレビ」では画面を表現する技術が全く異なることが分かりましたね!

スポーツや映画など映像にこだわってみたい人は「有機EL」

普段のニュースなどを見るのがメインであれば、液晶テレビが寿命が長くて使いやすいですね!

テレビでCMを何気なく見ていると緑黄色社会の「たとえたとえ」が聞こえてきたような気が!

CMってしっかり見ているときはいいんですけど、流しながら見たりしているとあんまり記憶に残っていないときがありますよね!

「たとえたとえ」は2021年の甲子園(センバツ)で使われていたこともあり、記憶に新しい曲!

甲子園(センバツ)からそれほど時間が経っていない中で使われることがあるのかな?と思ってしまいます。

今回の記事では緑黄色社会の「たとえたとえ」が使われていたCMについて紹介していきますね!

「たとえたとえ」が使われているCMは何?

スポンサーリンク

緑黄色社会の「たとえたとえ」が使われているCMはコチラ↓

ヤマダ電機、FUNAIの量子ドット(Qdt)TVのCMでした。

TVのCMということは分かるのですが、量子ドット(Qdt)って聞いたことが無かったです。

家電に詳しい方で知っているよというでしたら申し訳ないのですが、4K、8Kとかは良く聞くんですが、量子ドットって何だろう?っていう感じでした。

せっかくなので、このCMで紹介しているFUNAIの量子ドットTVについても調べてみましたよ!

FUNAI 量子ドット技術TVってなに?

FUNAIの商品ページを見てみると、量子技術TVの説明に、

豊富な色彩と自然に近い色合いを実現する「量子ドット技術」を採用した、プレミアムな液晶テレビです。

という説明がありました。

画像がキレイに見れるっていうことは分かるのですが、イマイチはっきりと分かりませんね、、、。

最近で良く聞くテレビの技術は、4K、8KなんかのCMも良く見ますし、家電量販店に行っても4K対応テレビだったり、8K対応のテレビなんかが置いてありますよね。

量子ドッド技術というのは、「効率的な色の変換」ということが言えるようです。

年々テレビは画像がキレイになっているので、それに伴って高輝度の「HDR」規格が出てきています。

「HDR」という規格は自然に近い明暗差を表現出来る規格ということ。

液晶テレビのバックライトに高輝度LEDが利用出来るようになったことも背景にあるようです。

それだけの明るさが必要になったことで、消費電力も使うようになったので効率的な色の変換が必要になっていったんですね。

そこで期待されているのか「量子ドッド技術」ということのようです。

技術の進歩はすごいですね!それで、4K、8Kなどの規格が生まれてきました。

テレビはより自然の明るさや色の再現、大型化に進んでいるようです!

これまで説明してきた「量子ドッド技術」TVは液晶テレビというカテゴリに分類されます。

有機ELテレビって何?

液晶テレビの他に有機ELテレビという言葉も聞いたことがあると思います。

有機ELと液晶テレビとは何が違うのでしょうか?

有機ELテレビは液晶テレビとは異なりバックライトが不要になります。

有機物に電圧がかかることで発光し、その減少を

「有機エレクトロ・ルミネッセンス(Electro Luminescence)=有機EL」

ということです。

テレビにバックライトのスペースが不要になるため今までのテレビよりも非常に薄く作ることが可能になりました。

これまでの常識を覆す技術が「有機EL」テレビということが言えますね!

テレビを薄くすることが出来る分、壁掛けなどにも適しています。

また、バックライトが不要なため「黒」の表現が優れているので映像にも深みが出ます。

デメリットとしては、

  • 価格が液晶テレビに比べ高い
  • 寿命が短い
  • 焼き付きが液晶テレビに比べ起こりやすい

などが挙げられます。

同じテレビでも、「液晶テレビ」「有機ELテレビ」では画面を表現する技術が全く異なることが分かりましたね!

スポーツや映画など映像にこだわってみたい人は「有機EL」

普段のニュースなどを見るのがメインであれば、液晶テレビが寿命が長くて使いやすいですね!

この記事を書いた人

コメント

コメントする

目次
閉じる