MENU

ミスチル桜井の息子、桜井海音は一流バンドのドラマーとして活動している!?

2021 10/23
ミスチル桜井の息子、桜井海音は一流バンドのドラマーとして活動している!?

国民的人気ロックバンド、ミスチルの桜井和寿さんの息子がMステでデビューしました!

桜井和寿さんの長男の名前は桜井海音さん。

2020年3月に高校を卒業したばかりで、現在はドラマに出たり、バンドのサポートメンバーとしてドラムをやったり、活動の幅を広げています!

今日はドラマーとして活躍している、桜井海音さんの活動について書いて行きますね!

目次

桜井海音のプロフィール

スポンサーリンク

桜井海音さんは、2001年4月13日生まれの現在19歳です。

高校は芸能人の子供が多く通う東京都町田市にある、和光高等学校を2020年3月に卒業しています。 この投稿をInstagramで見る

高校卒業後は芸能活動に専念するために、大学には進学していない可能性が高そうです。

インスタグラムにも高校卒業の投稿はあったのですが、大学については一切書かれていません。

Mステにスガシカオのサポートメンバーとして出演!?

桜井海音

高校卒業後は音楽の道に進むことを決めたようです。父親の桜井和寿さんと同じ音楽業界に進んだのですが、ボーカルではなく、ドラムの道に進むことを選びました。

2019年4月には「ミュージックステーション」にスガシカオさんのバックバンドとして登場し、ドラムを担当しました。

父親の桜井和寿さんはスガシカオさんと親友ということで、桜井海音さんの「ミュージックステーション」の出演のサポートをしていたようです。

いくら父親の親友とはいえ、実力が無ければ生放送の音楽番組にサポートとして出演出来るわけがないので、その実力も認められていたということが分かりますね!

自身のインスタグラムではドラムの仕事の依頼も受け付けているようです。 この投稿をInstagramで見る

サポートドラマーとしての活動は続けながら、自身が所属するバンドでも活動しているようです。

桜井海音のバンド名は、インナージャーニー

スポンサーリンク

桜井海音さんがドラムを担当しているバンド名は「インナージャーニー」です。

女性ボーカルに桜井海音さん含む男性3人のグループです。

元々カモシタサラという名前で女性ボーカルとしてソロで活動していましたが、2019年音楽コンテストに出場するためサポートメンバーを結成し、バンドを組むことになりました。 この投稿をInstagramで見る

カモシタサラというソロ名義のサポートメンバーということで活動をはじめましたが、その音楽が評判となり、2019年10月には「インナージャーニー」名前でバンド活動を正式に始動することになりました。

インナージャーニーの楽曲

  1. クリームソーダ(2020年3月18日)
  2. エンドロール(2020年7月22日)
  3. 会いに行け!(2020年11月11日)

2019年10月にバンドを結成して1年ちょっとですが、3曲の発表曲があります。

インナージャーニーの活動は?

インナージャーニーは新宿や下北沢のライブハウスを中心に音楽活動をしていました。

現在はコロナの影響でYouTubeの配信やライブ配信での活動を行っています。

インナージャーニーとして活動をして1年とちょっとで、チャンネルの登録数は1.4万人ほどになっています。

信じられないほど順調なペースでファンを獲得していることが分かります!

コロナ禍での自粛期間中はリモートでのカバー曲などが多く投稿されています。

まとめ

スポンサーリンク

ミスチル桜井和寿さんの息子海音さんは、サポートメンバーとしてドラムを叩きながら、昨年からはインナージャーニーというバンドで活動していることが分かりました。

桜井海音さんは、バンド活動の他にも、モデルやドラマへの出演など俳優業もやっていて、活動の幅を広げています。

高校を卒業してバンドやTVといろいろな可能性に挑戦していっている最中のようです。

これからさらに注目されていくことになりそうですので、これからますます楽しみです!

この記事を書いた人

コメント

コメントする

目次
閉じる